海士伝2 海士人を育てる

島の存続をかけて、島改革に取り組むキーパーソン達の
生い立ちと島を守りたいと考え行動するに至った経緯まで


聞き書きという手法を用いて、
島を訪れた大学生23名が取りまとめました。

本書は名古屋市立大学社会学部の国内フィールドワーク実習報告書
という形で出版されましたが、学問的な研究成果を生み出すだけでなく、
一般の方にも読み物として広く楽しんでいただける内容になっています。

聞き書きや国内フィールドワークにご関心の方、
ご自身の活躍の場を故郷や地方に求めていらっしゃる方にとっても、
具体的で読みやすく、等身大の海士町を感じていただける良書です。

----------------------------
前書き 海士に魅せられて
第一部 海士を広げる
     ・現状維持とは、挑戦すること 奥田和司さん
     ・「ひと」が一番です  大脇安則さん

第二部 海士を支える
     ・むかしとそんなに変わらない 斉藤チトリさん
     ・ひとりの力では生きとらん  高松ヒロ子さん
     ・海士への思いを共有して   美濃芳樹

第三部 海士を育てる
     ・島への恩返し  田仲寿夫さん
     ・親、恩師、友達にささえられて 山内道雄さん

第四部 「おきひゃく」の視座
     ・島に学ぶ大学おこし-島・民・学交流へのいざない 
     ・海士に学び、足跡をつなぐ
     ・フェリー、サザエのち聞き書き
     ・「聞き書き」がつなぐ人と人の環 
     ・「輝きの連鎖」が続き20年後を目指して

監修:赤嶺淳(名古屋市立大学准教授)
編者:株式会社 巡の環
発行:グローバル社会を歩く研究会
   名古屋市立大学・大学院人間文化研究所
メーカー 巡の環
商品コード MGR-003
関連カテゴリ

常温専用

写真・書籍 > 書籍

出品者別 > 巡の環

写真・書籍

販売価格(税込):
1,080
数量:
発送目安:
1週間以降

カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

買い物かご

合計数量:0

商品金額:0円

営業カレンダー

今日

定休日

発送のみ

定休日発送のみの日は、お電話での
対応は致しません。
ご了承ください。

2018年12月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
23
24
25
26
27
28
29
30
30
31
1
1
2
2
3
3
4
5
2019年1月
30
30
31
1
1
2
2
3
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2