あれ。イカってこんなに美味しかったっけ!?

寒シマメ(スルメイカ)肝醤油漬け

寒シマメ肝醤油漬け

冬に美味しい寒シマメ

寒シマメスルメイカのことをここ隠岐諸島ではシマメと呼び、冬の一番美味しい時期のものを「寒のシマメ」「寒シマメ」などと呼んでいます。
この時期のシマメには肉厚の身だけではなく、肝にも脂の乗った旨みがたっぷり詰まっており、その肝を醤油に漬け込んだ肝醤油と新鮮な上身を使った極上の一品が「寒シマメ肝醤油漬け」なのです。

メディアでも話題のご当地丼

全国ご当地どんぶり選手権の様子島根県沖合約60kmの地点に位置する隠岐諸島の一つ、中ノ島。その港「菱浦港」のフェリー乗り場にある「レストラン 船渡来流亭(せんとらるてい)」では、この「寒シマメ肝醤油漬け」をごはんに乗せたメニュー「寒シマメ漬け丼」が大人気。
以前は島の中でしか食べられなかったこの"ご当地丼"は、鮮度のいい旬のイカを使っているからこそ可能な深みのある漬け丼になっており、噛むごとに甘みが豊かに広がります。
今では高度な凍結技術により、島を越えどこでも楽しめるようになった隠岐・海士町のご当地丼は、今やテレビをはじめとする数々のメディアで取り上げられ、毎年行われている「全国ご当地どんぶり選手権」にも数回TOP10入りを果たしたほどです。

ごはんと相性ばっちり!

お召し上がりの際はあつあつご飯に載せて、お好みでネギや卵、胡麻、海苔などを散らしてどうぞ。
もちろんそのまま食べても美味しいですし、お酒のアテにもよく合います。
また島民おすすめの召し上がり方として、半分は「漬け丼」として賞味し、残り半分は出汁を注いで「お茶漬け」として賞味するのも良い、との情報もございます。
いずれのお召し上がり方でも臭みが無く贅沢な味を堪能できますので、「イカがこんなに美味しいなんて!」と思わずにいられないことでしょう。

遠方から届いたのにイカがとっても新鮮…その理由

パッケージ画像 長い輸送距離にもかかわらず圧倒的な鮮度を誇る「ふるさと海士」の製品ですが、その理由は、特殊な装置を使って水分子をコントロールし、香りや旨味を損なう原因となる「細胞組織の破壊」を防ぐことで、素材本来の旨味・香り・みずみずしさを長期間保つことが出来る「CAS」という凍結技術を用いているから。
ふるさと海士では、この鮮度と風味を高い品質で保持出来るCASを用いて水揚げされた魚介類を旬の美味しさのまま冷凍保存し、通年に渡り各地にお届け可能にしています。

幼少の頃から新鮮なイカが食卓にあるのが普通であり、その旨味を熟知している隠岐・海士町の人々が自信を持っておすすめする「寒シマメ肝醤油漬け」 。
ぜひ一度お試し下さい。


注文殺到!ありがとうございます。

TV放映による注文殺到のため、
現在「寒シマメ肝醤油漬け」をはじめとする(株)ふるさと海士の全商品につきましては、
商品のお届けまで一週間ほどかかる場合がございます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

2016.2.26


寒シマメ肝醤油漬け5食セット

販売価格(税込): 2,565
旬のシマメ(スルメイカ)は身だけではなく肝にも旨みがたっぷり詰まっています。
肝を醤油に漬け込んだ肝醤油と新鮮な上身を使った逸品です。
数量:

寒シマメ三昧セット

販売価格(税込): 2,471
寒シマメ三昧セット
数量:

島のがいなごっつぉセット

販売価格(税込): 4,776
・朝どれ白いかお刺身(90g) ×1
・岩がき「春香」ハーフシェルSサイズ(120g) ×2
・寒シマメ肝醤油漬け(50g) ×2
・我がとこの白いか煮つけ(100g) ×1
・海士乃塩100g × 1
・カクテルソース(35g) ×1
数量:

(株)ふるさと海士のプロフィール

ふるさと海士外観 隠岐諸島のうちの一つ、人口わずか2,500人ほどで4割は65歳以上という中ノ島で株式会社ふるさと海士は、島の活性化と外貨獲得、そして雇用の創出を図るための一策として、町を主体に地元の企業、団体、個人らの出資による第三セクターとして2005年に設立されました。
元々は島の産業振興の一環として参入した岩がき「春香」の栽培事業は当時は天然物が主流を占めており、離島という立地のため本土の大きな市場に運ぶには鮮度や時間において大きな障壁が立ちはだかっていたのですが、やがて人づてに鮮度の維持に抜群の効果がある「CAS凍結技術」の存在を聞きつけ、それを導入すれば離島のハンディキャップを解消出来てみずみずしい鮮度を保ちながら輸送が可能になるため、市場において優位性を発揮できるであろうことが分かりました。
平成13年にCAS凍結設備の導入を検討した際は資金の確保が大きな課題になりましたが、その時に舵をとった町長の山内さんのリーダーシップと海士町職員、地元の人たちの類まれな献身と行政改革により体制が整い、新山村事業も導入して実現にこぎつけました。
現在は岩がきや白イカをまるごと凍結したものにとどまらず、海鮮ご飯など2次加工品の開発も進めるなど意欲的に展開しており、また大手コンビニを参考に徹底した品質管理の体制も構築。今では都心はおろか欧州・中国など遠く海外にも精力的に販路を開拓しています。

運営統括責任者(通販) 岡本 清志
所在地 〒684-0404
隠岐郡海士町福井1365-5
電話:08514-2-1244 FAX:08514-2-1245
ウェブ 公式サイト
設立 2005年

「(株)ふるさと海士」過去記事

買い物かご

合計数量:0

商品金額:0円