僕たちは島で、未来を見ることにした

養老孟司氏絶賛!!
『日本は世界の離島だ。離島から日本を変え、世界を変える。』

「社会が変わるとき、自分たちはどこに居たいだろうか」
僕たちが選んだ場所は、ニューヨークでも東京でもなく、
島根県の離島、
隠岐諸島にある海士町だった―。

離島で起業。
その目的は、島の「学校」をつくること。
そして彼らが移住した、島根県の離島・海士町では、
新しい社会のカタチを模索するための、
様々な実験が島総出で行われていた―。

全く新しい未来への視点としての「島」を見出した彼らの生き方を、
冒険起業譚で綴る、島と地域と未来の入門書。

----------------------------
プロローグ
第一章 僕たちが島民になった日
第二章 島で自分たちの仕事をつくる
第三章 土地の流儀との出会い
第四章 ふるさとは、ひとつじゃない
第五章 島とともにある会社へ
第六章 僕たちがつくる、島の学校
第七章 海士から見えた、僕たちの未来
エピローグ

海士の人インタビューも掲載
岩本悠、大江和彦、奥田和司、他・・・・
------------------------------
 
メーカー 巡の環
商品コード MGR-001
関連カテゴリ

常温専用

写真・書籍 > 書籍

出品者別 > 巡の環

写真・書籍

販売価格(税込):
1,944
数量:

カスタマーレビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

買い物かご

合計数量:0

商品金額:0円